医療ADR機関連絡調整会議、26日に初会合−厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月26日、裁判外紛争解決(ADR)機関の活用を推進するため、医療ADRについて情報共有や意見交換を行う「医療裁判外紛争解決(ADR)機関連絡調整会議」の初会合を開く。

 同省の担当者は医療ADRについて、近年普及してきたものの、一般にはあまりなじみがなく、またADR機関ごとに独自の方法を取っている現状があると指摘。同会議では、ADR機関の代表者がそれぞれの取り組みなどを報告し、よりよい方法を目指して意見交換する。

 同会議の委員は22人で、小野寺信一・仙台弁護士会紛争解決支援センター代表ら法曹関係者が中心。患者団体などの代表者のほか、医療関係では小山信彌・日本病院団体協議会代表や前田津紀夫・全国有床診療所連絡協議会代表らが参加する。
 また、オブザーバーとして朝倉佳秀・最高裁事務総局民事局第二課長が参加する予定だ。


【関連記事】
医療事故調「今国会で議論を」
答申後に意見書提出へ−診療報酬改定で日病協
医療ADRに関する連絡協議会を設置へ−厚労省
医療事故調、「厚労省案」は「推奨していない」―足立政務官
医療ADR、全国初の法相認証取得

対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
<最先端研究>支援プログラムの配分額 18〜50億円に減(毎日新聞)
<名誉棄損>ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断(毎日新聞)
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正(産経新聞)
時効見直し 刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止(毎日新聞)
[PR]
by 0bvv2pcbrq | 2010-03-17 04:12
←menuへ