沖縄密約訴訟、国が控訴=文書開示命じた判決で(時事通信)

 1972年の沖縄返還を前に日米両政府が交わした財政密約をめぐる情報公開訴訟で、国は22日、合意文書の開示を命じた東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴した。
 東京地裁は9日の判決で、文書を保有していないという外務、財務両省の主張を認めず、開示を命令。「国民の知る権利をないがしろにした」として、慰謝料250万円の支払いも命じた。 

【関連ニュース】
二審も市民団体敗訴=県議の海外視察金返還請求
沖縄密約文書の開示命令=政府間合意と判断-「不存在」認めず
三菱重役員ら1億6000万円支払い=橋梁談合の株主訴訟和解
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退
熊本市長に政調費返還請求命じる=市議に交付の478万円

<鳩山首相>高速道料金の値上げ幅圧縮を示唆 (毎日新聞)
「親父を殺してもうた」29歳、弟乗せ追跡振り切り“死”の暴走(産経新聞)
恒久減税案を否決=市議報酬半減案も−名古屋市議会(時事通信)
<最高検>全国の地検で定例会見実施へ フリー記者も参加可(毎日新聞)
郵政職員の現金絡む犯罪、被害20億円超す(読売新聞)
[PR]
by 0bvv2pcbrq | 2010-04-24 12:48
←menuへ