<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)

 4月9日に亡くなった井上ひさしさんの書き下ろし作品で、女優の渡辺美佐子さん(77)が28年間演じ続けてきた一人芝居「化粧 二幕」が9日、東京都杉並区の「座・高円寺」で千秋楽を迎えた。

 作品は82年7月に「化粧」として初演。すぐに井上さんが2幕目を書き足した。息子を捨てた大衆演劇の女座長の哀歓が楽屋を舞台に描かれ、今回を含め国内外で648回上演された。渡辺さんは「にぎやかな舞台を務められるうちに幕を下ろしたい」と今回を最終公演にした。

 終演後、カーテンコールで渡辺さんは井上さんに触れ「全力で突っ走って日本の芝居、小説のために元気と勇気を与えてくださった」と感謝の言葉を述べた。【濱田元子】

【関連ニュース】
井上ひさしさん死去:魂伝えた「遅筆堂」 平和へ行動
井上ひさしさん死去:父の芝居、継続して上演…三女が会見
井上ひさしさん:9日に死去、75歳…小説家・劇作家
余録:井上ひさしさん
サンデーらいぶらりぃ:張 競・評「あくる朝の蝉」井上ひさし・著(『四十一番の少年』所収)

iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社(時事通信)
赤ちゃんポスト「やって良かった」=運用3年で病院会見−熊本(時事通信)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ−普天間(時事通信)
取り立てチーム 船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
鳩山首相、世界株安で「国際協調に努めるべき」(産経新聞)
[PR]
by 0bvv2pcbrq | 2010-05-11 15:36
←menuへ